読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

あなたの身近な事で、アプリを開発して起業する時代がやって来た!

今回、紹介する飲食店のメニューを自動翻訳し、席に着いた訪日観光客が手持ちのスマートフォンで注文できるアプリのイノベーションである。

f:id:webjp:20151224120044j:plain

事前に専用アプリをスマホに入れておけば、入店前に食べたいものが選べる。メニューは英語やタイ語など10の言語に自動翻訳できると言う。

これらのイノベーションは、別に難しいものではなく外国人が日本に多く訪れる時代になり、さらにオリンピックに向けてその流れはさらに加速する要素を秘めていて必要なツールとなる。

利便性とビジネスとしての価値が複合化されたイノベーションでもあると言えるので成功は間違いないだろう!

これくらいのアイデアは、あなたの身近な出来事の中でたえず生まれているわけだが、それに気づく者と気づかない者の違いである。

アプリを開発と言えば相当難しいと考えられがちだが、このような利便性が高くビジネスとして効果を及ぼすアプリは、消費者の困ったや不便を解消するのがビジネスとしての優位性があるのである。

例えば、自動翻訳にしても無料のツールなどが多く出回っているので、それを使うことにより、開発費用は相当おさえられるのである。

アプリ開発の何百万円もかけ、成功するかしないかわからないものに投資すると言うのは馬鹿げた話でもある!

現在では、アプリ開発を行いたい場合は、多くの無料ツールマッシュアップすれば、利便性の高いアプリサービスが展開出来るのである!

アプリ開発業者に高額な開発費を騙し取られるより、自分でマッシュアップの仕方を学べば相当なアプリが作れると言っても間違いない!

開発費用がかからずあなたの身近な事でアプリを開発して、利便性の高いサービスを作ればよいのである。

その開発の秘訣は、ユーザーに対して利便性の高いサービスとビジネスにつながるマネタイズが必要となる。

と言うことは、難しいアプリを作る必要がないと言うことでもありユーザー目線に立った簡単なアプリで良いと言う事になる。

そんなアプリは、あなたの身の回りに多く存在するので、これは便利だなと言うアプリを開発して見てはいかかだろうか?

■インターネットビジネス大学!
http://webjp.xsrv.jp/university/

■日本GHM学会(グロースハッカーマーケッテング学会)
http://13.pro.tok2.com/~webjp/ghm/index.html

■リラクゼーションスペース「リララ」!
http://san-setsu.com/