読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「無一文集客」で、「ソーシャルメディア集客」と「検索エンジン集客」との「成果の違い」を見る!

始めに言っておきますが、この「集客方法」は、「宣伝・広告費」をかけない「無一文集客」のことです!
 
 
多くの方達が、「集客」を目指して、「ブログ」や「サイト」に「集客」をして「アフィリエイト」や「商品販売」や「サービス」で、成果を上げるべし「日夜努力」している訳ですが、その「90%以上」が上手く行っていないのが現状です。
 
では、何故上手く行かないのでしょうか?
 
それは、「手間(作業)」と学びを忘れている事が原因な要素と「洞察力」や「創造性」に劣ると言うことに付きます!
 
もう一歩踏み込めば上手く行くのに、何故か「学ぶこと」や「手間(作業)」をおろそかにしている結果だと思います!
 
そして、「洞察力」や「創造性」を磨かなければ現状の「厳しいビジネス」の中では「成果」を上げて行くことは「不可能」なのです!
 
「俄コンサルタント」や「似非コンサルタント」や「三流中小企業診断士」のように「机上論者」では、現在のような厳しいビジネスに勝つことが出来ないのです!
 
もちろんそんな方達から「コンサル」を受けても上手く行かないと言う事は賢い「経営者」なら理解できるはずです!
 
「宣伝・広告費」をかけない「無一文集客」を行う場合は、己が全てを学び、「手間(作業)」や「洞察力」や「創造性」を磨かなければならないと言うことにつきます!
 
そこで、「ソーシャルメディア集客」と「検索エンジン集客」との「成果の違い」を、私の「ネットビジネス20年以上」の経験の中で感じたことをお知らせします。
 
ソーシャルメディア集客」は、何日か前に「4年間」の成果失敗を書きましたが、恥ずかしい話ですが、ほとんどと成果は上がりませんでした。
 
多くの正直な「フェイスブック」お友達等に聞いて見ましたが「雀の涙程度」しか成果が上がっていないそうです。
 
それも相当「手間(作業)」をかけ拡散しておられるようですが、なかなかと言うのが正直なところだそうです。
 
では、「ソーシャルメディア」では、何故、努力しても「ビジネスの成果」につながらないのでしょうか?
 
それは、「フェイスブック」の「施策」だからです。「宣伝・広告」もしないで、誰もがどんどん成果が上がれば「フェイスブック」はやって行けないからです!
 
それは、「フェイスブック」の収益のほとんどが「宣伝・広告」から得る「ビジネスモデル」だからです!
 
フェイスブック」だけでなく「ソーシャルメディア」と言われる「プラットフォーム」は、全て同じ「ビジネスモデル」で成り立っています。
 
だから「ソーシャルメディア」運営者が、いつも考えていることは、単純な楽しい「サービス」を考え遊びとして、「消費者」が楽しめる施策を行っているのです!
 
その一つの例が、「フェイスブック」の「いいね!」機能です。
 
もう、ネットビジネスを行っている方達には、「いいね!」は、現金につながらないと言うことは身に持って体験していることでしょう!
 
と言うことは「ビジネス」には、つながらないと言うことになり、「フェイスブック」から見れば「してやったり」と言うことになるわけです。
 
「いいね!」機能で、成果がどんどん上がれば誰も「宣伝・広告」をしなくなるからです!
 
だから「いいね!」ボタンを押すだけのなんら価値のない「単純クリック」で楽しませているのです!
 
そのいい例が、「ミーハー記事」や「おはよう記事」には、多くの「いいね!」が、付いているのが特徴です。(考えることをさせない機能で施策を行っているのです!)
 
そして、「フェイスブック」は、拡散を良くても「十分の一」にしかさせなくしているのですが、ほとんどの方がその施策を知らないで、「いいね!」集めに奔走しているのです!
 
「無一文集客」の「ソーシャルメディア集客」は、ほとんど成果が上がらないと言うのが真実だと思います!
 
だが、「検索エンジン集客」は、大きく違い「SEO対策」を学べば、「大きな成果」を得ることができます!
 
何故なら、必要な情報を必要な人達が求めていて、「ソーシャルメディア」のつながりから「ビジネス成果を上げる施策」より、早く成果につながるのです!
 
検索エンジン」の上位にいると言うことは、間違いなく「ソーシャルメディア」での成果より「何十倍の成果」を得ることが出来るのです!
 
従って、「ネットビジネス」で、「無一文成功」を望むなら「SEO対策」を学ぶことが大事だと言う事です!
 
学ぶことで、それがあなたの「ネットビジネスの未来」を大きく開くことは間違いないと思います!
 
■インターネットビジネス大学!
 
■日本GHM学会(グロースハッカーマーケッテング学会)