読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

ネットマーケッターは、新たなる「SEO施策」を学ばなければ未来はない!

ネットマーケッターに取って、「ゴールデンウイーク」中に大変動が起きたという「ニュース」が流れていますが?

 

 

このニュースは、「低品質なコンテンツ」に対する「Google」の「Manual Action」が行われたのではないだろうかと言う噂です!

 

Google」からの公式な発表がないため、確実な情報とは言えないようなのだが?

 

SEO「初心者」には、解りにくいと思われるので簡単に紹介しょう。

 

・「Manual Action」とは?

 

「Manual Action」とは、グーグルのスタッフがサイトをチェックし、サイトに対してペナルティを課すかどうかを判断する「手動施策」である。

 

外部のスパムレポートによってチェックが行われることもあれば、グーグルの通常の取り締まりの一環として行われることもある。

 

アルゴリズムによる「Action」とは?

 

アルゴリズムによるアクションでは、グーグルは自動化された手段によってサイトに対してペナルティのようなアクションを実施する。

 

つまり、サイトが抱える何かしらの問題によって、グーグルのコンピュータの「アルゴリズム」が、値するランキングよりも低くサイトを格付けする施策である。

 

その理由は、無価値、もしくはほとんど価値のないコンテンツに対する警告と言えばわかりやすい。

 

Google」の「Manual Action」を、行った場合は、下記のような警告とページのURLが送られてくる。

 

このサイトには、ユーザーにとってほとんど価値のない、低品質、もしくは浅い内容のコンテンツ(低品質なアフィリエイト、同一テンプレートのサイト、ドアウェイページ、自動生成コンテンツ、コピーコンテンツなど)が大量に掲載されています。

 

要するに、作為に作られた「バックリンク」だから「Manual Action」を行いましたよと言うことである!

 

Google」の検索エンジン上位にアップさせるには、以前は、質が悪くても「バックリンク」数が内容が悪くても多ければアップされる「アルゴリズム」になっていたのを、

 

それではいけないと昨年に変更して「ペナルティー」を与えるように変更してきたのです!

 

要するに「自動的」に作られた意味のないページは、スパム扱いになったということだけです!

 

クローラー(ロボット)アルゴリズムによる「Action」は、より深く内容が掴めないので人間が行いましたよと言うのが「Manual Action」です!

 

このように作為に作られた「バックリンク」は、数だけで内容がないためいくら作っても駄目ですよと言う事になります!

 

「バックリンク」施策は、終わった訳ではありませんので、従来のような価値のない内容のページ数での「バックリンク」は無駄であり、新しいSEOの施策を考えなければならなくなって来たと言えます!

 

Google」の望むSEOは、自然体の「バックリンク」の価値を求めていると言うのが本音のところだ!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

■日本GHM学会(グロースハッカーマーケッテング学会)

http://13.pro.tok2.com/~webjp/ghm/index.html