読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「競争激化」の「もの」を売るか? それとも「こと」を売るか?

インターネットの世界で、一般の商品は「競争激化」となり多くを売ろうとすると「価格競争」に巻き込まれる!

 

 

実店舗では、接客やサービスで「価格競争」を免れてきたが、ネットの世界では、中々上手くいかなくなって来ているのは事実だろう!

 

「価格コム」や「アマゾン」の「価格比較」が「消費者」に支持されているのが現実とも言える!

 

だから「零細者」は、もう価格では、かなわなくなって来たと言えよう!

 

そして、色々な「サービス」や「流通」も「中抜き時代」が始まっているのである!

 

「流通」では、問屋!「サービス」では、「仲介屋」が中抜きにされてきているのである!

 

要するに世の中の無駄を取り除く時代が始まったとも言えよう!

 

インターネットの世界がある限りその「中抜き」が益々増えて行き「問屋」や「仲介屋」は衰退して行くだろう!

 

インターネットの世界は、今まで出来なかったものが「イノベーション」と共に「時代を変革」して行くのである!

 

そして、今、起こりつつあるのが、「情報」を売る「サービス」であるが、毎年少しずつ広がり始めたと言えよう!

 

それは、「価格コム」で知られるような「ビジネスモデル」でもあり、「フェイスブック」や「ツイッター」のような「人の情報」を介して「稼ぐモデル」でもある!

 

「零細者」は、この流れを素早く知った者が未来へと生き残れるのである!

 

誰が言ったか知らないが、インターネットは、知恵の時代でもあると言われて久しいが、それが訪れようとしているのである!

 

「競争激化」の「もの」を売るか?それとも「こと」を売るか?

 

それは、あなたの生き方と知恵次第だと言える!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

■日本GHM学会(グロースハッカーマーケッテング学会)

http://13.pro.tok2.com/~webjp/ghm/index.html