読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

共感の世界に手を染めろ!真の共感は「メンターマーケティング」だ!

多くのコンサルタントが、今までのマーケティングは死んだ。これからは「共感」を作り出すことに注力すべき時代だと!

 

果たして、それが本当だろうか? しかし、それが本当だと言う要素はどこにもないからである!

 

 

・共感とは?

他人の意見や感情などにそのとおりだと感じること。

 

・共感の日常語としてのイメージから挙げられる4つのキーワード!

 

①相手と一緒になって同じように感じること。

②相手に同情的になること。

③相手に感情移入すること。

④相手の状態をそのまま感じること。

 

共感マーケティングは、確かに共感が重要な要素を占める訳だが、共感したからとサービスや物が売れるものではないからである。

 

それは、その人に対する共感の要素であり、サービスや物に共感するのではないのではなかろうか?

 

確かにその人が推薦するのだから良いという事になるのかもしれないが、果たしてそれが大きな要素を占めるものではなく、大きく占めるのはサービスや物を求める者の経験や判断が大きな要素を占めているのだと思われる!

 

多くのコンサルタントは、言い話なしで責任を取らないのが職業であり、一線でマーケティングを行う者とは、その考えと行動の格差は大きい!

 

これからは「共感」を作り出すことに注力すべき時代だと簡単に言えるが、何人のコンサルタントが奥深く共感マーケティングを理解しているのか疑う余地がある!

 

人に対する共感とサービスや物に対する共感は大きく違うのが本当ではなかろうか?

 

共感マーケティングは、人に対する要素が多くを占めるが、重要なのはサービスや物に対する共感マーケティングであると理解することである!

 

ソーシャルメディア等で、多くの「いいね!」の共感を貰ってもビジネスにつながらないのが良い例である!

 

それは、真の共感ではなく「いいね!」であり、サービスや物の共感マーケティングになっていないからである!

 

従って、「人」プラス「物」の総合共感マーケティングを学ばなければならないと言うことに尽きるのである!

 

そして、真の共感マーケティングは、「人」プラス「物」を乗り越えた「共感メンターマーケティング」に尽きるのである!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

■ネット副業を成功へ導くワンコインツール

http://smahoservic.thebase.in/