読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

今後、勝ち残れるECサイトは、多くても10%程度!では、勝ち残れるには何が必要なのか?

ECサイトの運営は年ごとに難しさを増している。2000年代前半は、オンラインに出店すれば、ある程度の商品が売れた時代でもあったが、最近ではそのようなことは全くなくなってきている。

 

 

そのため、各ショップとも集客の努力(広告)を行い、集客を高めるための(サイト改善)を行い、あらゆる手段を行っているが、その実情は非常に競争が激しくなってきているのが事実である!

 

又、今後、独自性のある商品や独占商品を持たなければ中々生き残れないと言うのが真実である!

 

現在のECサイトは、お金をかけ広告をしなければほとんど拡散されなくなって来ているのであるが、それにも限界があり費用対効果がままならないのが真実でもある!

 

独自性のある商品や独占商品を持たないECサイトは、いくら売れても価格競争が激化して利益が上がらなくなって来ている!

 

消費者が賢くなり検索による比較購買して購入する機会が多くなって来ているのが現状であろう!

 

従って、多くの広告費をかけ露出度を上げても価格を安くしなければ多く売ることは不可能に近づいている!

 

だから費用対効果がままならないのであるが、その現状は更に加速して一部の企業を除けばその殆どが生きて行く事が不可能になって来るのが真実だろう!

 

そうなれば、もう、1人か2人で運営するしかないと言うのが現実の世界だろう!

 

要するに今後は、パパママストアーの台頭になるだろうし、社員を多く集めた企業では、費用対効果で中々運営がままならないと言うのが現実だろう!

 

では、勝ち残れるECサイトになるには、小さくてもメーカーになる事が最適だろうし、

パパママストアーで、細々く運営して行くと言う手もある。

 

どちらにしても社員を多く集めた企業になるには、独自性のある商品や独占商品を持たなければ難しいと言える。

 

勝ち残れるECサイトになるには、自らが商品を創作して生産者や製造者とならないと多くの利益を確保出来ないし価格競争にも勝つ事が出来ないのである!

 

それ以外は、海外に販売する事も必要ではないだろうか?

 

私共が調べたところでは、日本酒は国内ではあまり稼げないが、海外では最低でも4倍程度で売られていて、競争もあまりない現状でもある!

 

食品関連は色々難しい点も多くあるが、それをクリアーして、競争のない業種を選ぶ事も必要ではなかろうか!

 

どちらにしてもECサイトの運営者は、勝ち残れる道を模索しなければならないだろう!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university

 

■法律に守られたスタートベンチャー企業の資金の集め方~!

http://webservice.thebase.in/items/966707

 

■株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム!

https://www.k-zone.co.jp/td/