読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「Facebook」のビジネス向け「Facebook for Work」で、起こり得る「ビジネスチャンス」!

米「Facebook」が企業向けのサービス「Facebook for Work」を近々発表するだろう!

 

 

このサービスは、一般の「Facebook」と同様にニュースフィードやグループ、チャット機能を備えるが、

 

ユーザーはプライベートなプロフィールとは別の仕事用プロフィールで参加し、プライベートな写真や動画などは表示させずに済むという。

 

では、何故、「Facebook for Work」の展開に踏み切ったかと言えば遊びの繋がりを重視する現状の「Facebook」では、「ビジネス」利用としての効果が薄いと判断したからだろう!

 

個人の「Facebookツールや「Facebook」ページは、欺瞞の「いいね!」や相互「いいね!」が、萬栄して「なんでもいいね!」に成り下がって来ている点もあるからかも知れない!

 

大した記事投稿でもないものが500や1,000の「いいね!」が付く記事には欺瞞「いいね!」や相互「いいね!」保持者が多く氾濫して来ているのも事実である!

 

元々「Facebook」が考える「いいね!」本質は、本当にいいものに「いいね!」する概念だったのだがその基本とは大きく崩れているのである。

 

「いいね!」が増えると具体的になにか意味があるのだろうかと思われるのであるが欺瞞の「いいね!」や相互「いいね!」が多いのはなぜだろうかと言えば、

 

まぁ、低評価されるよりは高評価の方がアップ主にとってはありがたいと思う程度の価値であり、低評価が多い記事をわざわざ見てみようとか思う人はそんなにいないんじゃないと思う「自己誇示」の思惑にしかならないのだが。

 

だが、その数を保持して、怪しい騙しやあおりの「ネットビジネス」を仕掛けて来る者も多くなって来ている!

 

そんな諸々があり、「Facebook」も混合を避けるため新しく「Facebook for Work」を仕掛け「ビジネス」を重視し始めた思惑だと思うのだが、

 

一般の個人は余り広告を打たないが「ビジネス」をするものなら多くの広告を得る事が出来るからでもある!

 

その本質の基本には、「広告ビジネス」にあり、無料で使わす個人からは余り得るものがないのだろう!

 

強いて言えば、個人がおりなす情報を使うものぐらいだが、それより簡単に得るものが多いのは「広告ビジネス」だろう!

 

従って、今後、「Facebook」は、自社の為にも「Facebook for Work」に本腰を入れてくることになるだろう!

 

そこで、「Facebook for Work」は、「ビジネス」に比重を置いて参入した者には大きな「チャンス到来」である!

 

Facebook for Work」を上手く使いこなすか否かで「Facebookビジネス」にチャンスを見出すことになる!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■サイト構築への近道!「ウェブサービス」!

http://webservice.thebase.in/

 

■アマゾン電子書籍!DEMAND BB!

http://urx.nu/dACp