読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「フェイスブック」の投稿で、今後「誘導リンク」を無くした方が良いと言う最適化!

昨日、「フェイスブック」の「アルゴリズム」変更が、ニュースとして流れたが「宣伝くさい」投稿の「ニュースフィード」表示ランクを下げる方針のようだ!

 

 

その実行は来年の1月から始まる予定で、「ユーザー」からの評判が悪い宣伝的な「オーガニック」投稿の「ニュースフィード」での表示を減らすと言う!

 

フェイスブック」は、「ニュースフィード」に「ユーザー」にとって関連性の高い有益な「コンテンツ」を表示するための「機能追加」や「アルゴリズム」変更を頻繁に行っているのだが、今回からは「宣伝くさい」投稿は、一掃されるのではないだろうか?

 

と言うことは、有償の広告ではない投稿の「ニュースフィード」での表示を減らすと言う事になり益々広告をしなければ拡散させない強かな戦略が見て取れる。

 

すでにそのテストは、以前から行われていて、いまさら発表かと思われるのであるが、1年前から宣伝的な実験を行って来た私の投稿は、全くと言っていいほど最近は拡散しなくなっているのである。

 

では、今後、マーケッターについてはどんな対策が必要かと言えば、評判が悪い宣伝的な内容の投稿は慎まなければならないと言うことになる。

 

と言うことになれば、評判が悪い宣伝的と判断されない記事投稿控えなければならないと言うことだが、

 

それを読み解く「アルゴリズム」は、人間でなければ成し得ない技でありいくら資金を持つ「フェイスブック」でも人を使う場合は採算が取れないのである。

 

従って、それは、クローラー(ロボット)が、行う事ではあるが、クローラー(ロボット)は、人間見たいには上手く読み取れないし、評判が悪い宣伝的だと読み取る感情も何もないと言うのが現状である。

 

私が、1年前から実験を行って来た現状から見れば、「リンク」を絡めない投稿が「拡散率」が高いのである。

 

クローラー(ロボット)は、記事の感性や評判が悪い宣伝的と判断する機能はいまのところ文章しか読み取れないので、内容を「アルゴリズム」化するのは100%難しいので、

 

やはり「自社サイト」への「誘導の増加」だけを狙う「リンク」的な要素が「アルゴリズム」の施策の中で、多くが占めていると見られる!

 

いくら記事内容が良くてもリンクを加えれば「評判が悪い宣伝的」とみなされるのである!

 

と言うことは今後、「自社サイト」への「誘導の増加」を狙う事が出来なく「画像上のテキスト」や「動画」や「テキスト」のみに宣伝に活路を見出さなければならなくなるのである!

 

簡単に言えば、「自社サイト」への「誘導の増加」を狙うのであれば、広告を打たなければならないと言うことになり、それ以外の広告的投稿は拡散しない事になります。

 

私の「テスト」の結果では、「アップデート」では、写真などが入らない「テキスト」のみの投稿を行った方が、それを読んだ回覧者は、自分も近況「アップデート」投稿することが多いと思われる。

 

この「テスト」結果を見て、「ニュースフィード」での「表示ランキング」で、個人ユーザーによる「テキスト」のみの近況「アップデート」を優先させるように「アルゴリズム」設定されているような気がする。

 

この「テスト結果」が全と言うものではないもののやはり、「リンク誘導」は、控えた方が賢明である!

 

下記のリンク等が問題であるの思われるので、参考に!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■サイト構築への近道!「ウェブサービス」!

http://webservice.thebase.in/

 

■アマゾン電子書籍!DEMAND BB!

http://urx.nu/dACp