読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「セマンティックウェブ」で「検索エンジン」は「アンサーエンジンへ」と進化する!

セマンティックウェブとは!

 

インターネットを単なるデータの集合から知識の「データベース」に進化させようという試みがセマンティックウェブである。

 

 

従来の検索エンジンは「キーワード」に基づく「検索エンジン」だったが、「セマンティックウェブ」では、「コンピュータ」にとって意味を持つ「コンテンツ形態」が、新たな可能性をもたらすのである。

 

要するに人間の能力と同じような知識の「データベース」に持ち込もうと言う試みである!

 

セマンティックウェブウェブ」とは、何かを理解するためには、「メタデータ」と「オントロジー」の理解が欠かせないのである!

 

簡単に言えば、ページ内に情報活用を支える「メタデータ」を挿入すると言うことである!

 

メタデータ」が付与されていない情報リソースを見た場合、人であればなんとなくその意味が理解できるが、コンピュータがそれを自律的に理解することはできないのである。

 

しかし「メタデータ」が付与された状態であれば「コンピュータ」に自律的に処理させることが可能になる。

 

「ウェブページ」は、主に人が見て理解できるように「HTML言語」で書かれているが、そこに書かれている1つ1つのデータに対して意味は付与されていない。

 

そのため「コンピュータ」は「キーワード」による文字列検索はできるが、「情報リソース」の意味を理解しながら検索することは困難であった!

 

そこで、「セマンティックウェブ」は、「メタデータ」を挿入する事によって、より感情的な情報を提供しようと言う計画なのである。

 

その施策や方法は、現在のところ開発はされていなく概念だけが先走りしているが、時間と共に導入されて行くだろう。

 

そこで、みなさんに提案だが、その施策や方法を考えてビジネスとして見てはどうだろうか?

 

上手く考えれば、ビックチャンスが待ち構えているのである!

 

その成功条件は、「メタデータ」を如何に上手に挿入して、如何に上手く検索エンジンに表示させるかだけのものである。

 

この構造を学べばおもしろい検索エンジンの開発が可能になるのであるからチャレンジして見る必要があるのではないだろうか?

 

時代は、すでに「セマンティックウェブ」の時代でもある!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■サイト構築への近道!「ウェブサービス」!

http://webservice.thebase.in/

 

■アマゾン電子書籍!DEMAND BB!

http://urx.nu/dACp