読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

検索エンジンの「クローラー」の未来と「コンテンツSEO」の未来(第1章)!

初心者には、少し難しくなりますが、検索エンジンの上位を狙い多くの顧客を集客するには「クローラー」の「アルゴリズム」を学ぶ事が必要です。

 

 

検索エンジンの働きを知るために「クローラー」と「インデックス」と言う「検索エンジン」の働きを知るための二つの用語を知ることから学ばなければなりません。

 

では、その双方の仕事を簡単に紹介したいと思います!

 

クローラーとは?

 

クローラーとは、インターネット上のウェブサイトの情報を集めて回る検索ロボットの別名です。

 

ロボットの仕事は、インターネットの蜘蛛の巣みたいに張り巡らされたリンクを辿り、各ウェブサイトの情報をかき集めます。

 

インデックスとは?

 

インデックスとは、検索エンジンに記録されたウェブサイトの情報のことです。

 

クローラーの仕事は、ウェブサイトの情報を集めてくることで、インデックスの仕事はクローラーが集めた情報を記録することです。

 

では、なぜ、この二つの用語が重要なのか?

 

それは、検索エンジンの働きそのものを表している用語だからです!

 

ウェブサイトにとって、検索結果の上位表示は何より重要な課題で、上位表示されない限り、誰にも見てもらえないからです。

 

誰にも見てもらえなウェブサイトは存在していないも同然ですので、告知にもビジネスにもつながりません。

 

このようにみなさんが日常に使っている「検索エンジン」は、この二つの要素から成り立っているのですが、これが複雑奇抜で、200に及ぶ「アルゴリズム」から成り立っていると言われていて、その「アルゴリズム」は公開されていません。

 

だから厄介なのです!

 

又、その「アルゴリズム」は、刻々と変化を続けており、その対策には仮説と検証を繰り返さなければ、検索結果の上位表示にはなかなかと言うところです。

 

今回は、ここまでと致しまして、シリーズとして、検索エンジンの「クローラー」の未来と「コンテンツSEO」の未来を紹介して行きたいと思います!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■サイト構築への近道!「ウェブサービス」!

http://webservice.thebase.in/

 

■アマゾン電子書籍!DEMAND BB!

http://urx.nu/dACp