読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

ロボットが作り上げる文章力!人工知能はこの10年で飛躍的な進歩を遂げる!

ネット上の文章を解析し自動で作り上げられた、人間が読むと意味不明な「テキスト」のことを「ワードサラダ」と呼びます。

 

現在のネット翻訳と同じで、なかなか意味が完全に読み取れないロボットが作り上げる文章力と同じですが、

 

人工知能はこの10年間で飛躍的な進歩を遂げるかもしれない要素を秘めていると言えるのである。

 

 

インターネットという革命がひと段落した今、ロボットや人工知能(AI)は、今一番注目されている分野といえる!

 

現在は、一部のスパマーによる手で開発されている程度ではあるが、ロボットが作り上げる文章作成システムが、

 

一部のスパマーによる手ではなく、超優秀な研究者たちにより精巧に作られたとしたらどうでしょうか?

 

ユーザーにとって価値あるコンテンツを生み出す可能性すらあります。

 

大手メディアでもすでにロボット記者が活躍中であり、先日API通信が、オートメイテド・インサイツ(Automated Insights)社が提供する文章の自動作成技術を、決算発表記事において導入することになったことが明らかにした。

 

ただのデータの寄せ集め記事かと思われるかもしれないが、最初に原稿の切り口を決めてから文章が書かれ、人間の書いたものとほとんど見分けがつかないものとなるようだ。

 

このロボット記者が、今後さらに増えるとすると、ライターもうかうかしてはいられない!

 

このまま様々な分野で人工知能化が進むと20年後には50%の職業が失われるという、英オックスフォード大学からのレポートも発表されている。

 

では、ロボット記者には負けない人間らしいライターとしての能力とは何でしょうか?

 

空気を読んだり、自己を発現するようなものはロボットにとって相当苦手と言われています。

 

しかし、IT技術の進歩から人間と同じ状況判断を可能として、どうしたら自動作成が可能だろうと考えてみるのも「人工知能開発ビジネス」としてはおもしろいだろう。

 

 

みなさんがよく使われるネット翻訳を見れば昔と違い大きく進歩して来ているのが見て取れる!

 

現在では、なかなか意味が完全に読み取れないロボットが作り上げる文章力ではあるが大きく進歩して行くだろう!

 

そこに未来の新しいビジネスの芽が生まれ始めているのである!

 

■インターネットビジネス大学!http://webjp.xsrv.jp/university/