読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

誰も教えてくれない「ビットコイン(Bitcoin)」の仕組みと可能性!

f:id:webjp:20160824074303j:plain

ビットコイン入門者にビットコインは本当に「胡散臭」くて危険なのか?

そんな疑問について、ビットコインBitcoin)の真実を紹介したいと言うことで記事を書いて見ました。少しでもみなさまのお役に立てれば嬉しいです!

2014年、日本のメディアでもビットコインBitcoin)は、華々しくデビューを果たしたのだが、ビットコイン取引所のMt.Gox(マウントゴックス)の破綻という悪夢のニュースだった。

Mt.Gox(マウントゴックス)は、日本に本社を置くにもかかわらず、当時は世界最大のビットコイン取引所だと言われていた。

その「Mt. Gox社」が、約490億円相当ものビットコインハッカーに「盗まれた」と宣言し、そのニュースがたちまちメディアを賑わせた。

これは単に、ユーザーのビットコインを預かっていた取引所である「Mt. Gox」が破綻しただけであり、ビットコイン自体には何ら問題がないということなのだが、日本のメディアでは依然ビットコインにネガティブなイメージがつきまとっていいる。

この事件は、「Mt. Gox社」にビットコインを預けていることでおこり自分の「wallet(財布)に入れておけば問題はなかったのである。

決して、「Mt. Gox社」のような「取引所」にビットコインを預けてはならないと言う事を肝に命じることである。

ところが、それら「怪しい」、「盗まれてしまう」、「消えてしまう」、「信用できない」といったイメージは全くの誤解だ。

むしろビットコインは、取引は全て透明性が高く、盗むことは非常に困難であり、「消したくとも消せない」ものであり「wallet(財布)に入れておけば、ある意味一般的な通貨や銀行よりも「信用できる」ものなのである。

ビットコイン自体が生み出した暗号通貨(Crypto Currency)という言葉が示すとおり、その根幹となる「ブロックチェーン技術」を説明するためには「暗号」という言葉が避けて通れないのだ。

この、「暗号」という言葉が怪しい空気を醸しだし、一般人とビットコインとを隔てる溝をより深くしているのも事実である。

ビットコインは単なる電子マネーではなく決済システムと言えるのだが、これはビットコインを発明したナカモトサトシの論文タイトルと序章にも書かれている。

ビットコインというのは、誰かから誰かに渡っているわけではなく、誰にいくつ発行され、誰から誰にいくら支払われたかのデータを記録する仕組みなのだ。

そして、そのデータをビットコイン保有者が共有する仕組みなので、「wallet(財布)に入れておけばある意味一般的な通貨や銀行よりも「信用できる」ものなのです。

ビットコインIFA(投資)のオンライン相談!
http://webjp.xsrv.jp/ifa/demand/

■美甘麗茶(びかんれいちゃ)の効果!
http://xn--n8jn1e5c3d5b7b.jp