読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

日本の酒屋は、「Amazon Prime Now」で、町の本屋と同じ道を歩むのか?それとも?

お酒も1時間で届ける「Amazon Prime Now」シアトルで開始!日本に上陸した日には日本の酒屋の沙汰が始まる!

 

 

1時間で商品をお届けするアマゾン恐るべしサービス「Prime Now」が、アマゾンの本拠地シアトルでもサービスが開始した!

 

この便利な「Prime Now」が、日本に上陸するとアマゾン独自のページ内比較購買で価格激戦が始まることになる!

 

いままで、酒税法で守られて来た酒屋の沙汰が始まるのであるが、その影響は町の酒屋が今後、どう対応するかで運命が変わる!

 

酒の値段では、アマゾンにはかなわないし、サービスでも従来の酒屋のやり方では対応出来ないだろう!

 

日本でもアマゾンは、昨年あたりから酒の販売を始め相当な売り上げを上げているとも言われている!

 

いままで、酒税法で、地域を守られて来ていた商売が緩和されては来ているが、まだまだそれに甘んじている酒屋も多くアマゾン対策に目を向けていないと言うのが本音のところだろう!

 

アマゾンの戦略は、知らず知らずに浸透して成功を治めているのであり、町の本屋が衰退して行ったように店主が気が付いた時にはすでに手遅れであるのが現実である!

 

酒税法で、地域を守られ競争がなかった期間が長い酒屋の店主は戦いには非常に弱い立場にあり戦えないと言うのが現状である!

 

だが、日本に上陸するには、少しの時間もあり、戦う術とアマゾンの弱みを見出すことにつきる訳だがそれには店主が価格とサービスについて学ばなければならないと言うことだ!

 

その結論は、「ITリテラシー」を身につけアマゾンと対等な勝負が出来る体制にもって行くことが最大の施策である!

 

従来のやり方にあぐらをかいていたのでは、本屋と同じ運命をたどることになるのである!

 

気が付いた時には、すでに遅かりしと言う現実に出合ないためには今から対策を考えなければならないだろう!

 

どちらにしても「Amazon Prime Now」は、必ず日本にやって来るのである!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■「ドローン未来研究所」

http://webjp.xsrv.jp/drone/Theme/