読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

アマゾンの「生鮮食料品配達サービス」で、日本の「生鮮食料品店(スーパー)」の半分以上は壊滅するだろう!

ついに日本にもやって来る!「アマゾンの生鮮食料品配達サービス」で、日本の「生鮮食料品店」が衰退して行くのは間違いない!

 

何故なら、地方の「生鮮食料品店(スーパー)」は、「ITリテラシー」に非常にうといからである!

 

 

アマゾンの「生鮮食料品配達サービス」は、顧客の近くのスーパーを使い提携することになると思われる!

 

アマゾンで、注文すれば、その日のうちに近くのスーパーから届く仕組みが海外ですでに行われているそれが「アマゾンフレッシュ」だ!

 

この仕組みが日本でも上手く活用できるようになれば多くの「生鮮食料品店」も本屋、と同じような衰退の道が始まるであろう!

 

だがすでに零細店の「生鮮食料品店」は、沙汰されているので、今後は、小さな食品スーパーが槍玉にあがると言うことだ!

 

そして、スーパーでもまだまだ黒字化しているところが少ない「ネットスーパー」を脅かす存在になるだろう!

 

アマゾンは、顧客の近くにある「生鮮食料品」を扱う「コンビニ」にも狙いを定めて行くものと思われる!

 

アマゾンと組む「スーパー」や「コンビニ」は、安泰としておられるがそれ以外はおそらく衰退の道を歩むことになる!

 

顧客は、便利になるのだがその裏では「スーパー」や「コンビニ」や「移動宅配業者」の熾烈な戦いが始まることになる!

 

アマゾンの「市場支配」は凄いものでいつの間にか気がつけば支配されているのが今までの現状でもある!

 

そして、そのサービスは「生鮮食品の冷凍流通」が始まって行くことにつながることになるのだ!

 

今では、冷蔵より冷凍のうどんの方が美味しいと誰でも知っている。生鮮食品も必ずそうなる時代が訪れるのである!

 

以前にも書いたが、今後は、激的に「スーパー」の衰退が始まると言っても間違いはないだろう!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■「ドローン未来研究所」

http://webjp.xsrv.jp/drone/Theme/