読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「マーケター」は、「イノベーション」と「集客」と「成果」に没頭しよう!激戦の時代がやって来る!

すべてのビジネスにおいて、「マーケター」としてかかわっているなら「集客」と「成果」に没頭して、「ノウハウ」と「イノベーション」をつかまないと、

 

今までのような「マーケター」では、やって行けない「大激戦の時代」がやって来るのだ!

 

 

その兆しは、「アマゾン」を見れはすべてが見えてくる!

 

日々1日と各部門で成果を上げ新しい販売方法の秩序が誕生しているのである!

 

ドローンを使った配送方法や個人を使った配送方法等数え上げればきりがないし、その「イノベーション」は、完成に近づきある!

 

そして、「商品の比較購買」が可能な「イノベーション」が、消費者の心を引き付けているのである!

 

やがて、アマゾンに価格比較サイトは、「集客率」ではかなわなく衰退して行くだろう!

 

ベソスの野望!「俺たちは本屋」ではない、総合流通企業になるが、実現に近づいているのだ!

 

そこには、もう、流通大手のセブン&アイグループなどでなければ到底太刀打ち出来なくなるだろう!

 

だが、小さなお店や企業は、アマゾンの集客力を使い成果を上げる事も可能だ!

 

アマゾンの「イノベーション直比較購買」はどこにも変えがたいサービスで、多くの購入者を引き寄せている!

 

その集客力を我がものにする「マーケター」が、大成功すると言えるのだ!

 

だが、その成功は、困難を極めることになる!

 

何故なら、価格競争に陥ると言うことに尽きるのだが、それでも利益が確保出来れば「集客」と「成果」は上がる!

 

「手数料15%」を引かれてもやっていける「ノウハウ」なら今後、大成功を収めることになるだろう!

 

だが、それは至難のわざともいえよう!だが、効率化して戦って見るのも面白いのではないだろうか?

 

基本的には、流通は、「アマゾン」中心の世界へと動いて行くだろう!

 

従って、「マーケター」は、「アマゾン」で勝つか、ほかの「イノベーション」で、「集客」と「成果」を見出すかである!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/