読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

もう~モノを売るのは疲れたと言う「運営者」や「マーケター」は、「検索心理」を重視しろ!

もう~モノを売るのは疲れたと言う「運営者」や「マーケター」を、多く見受けられるようになりました!

 

 

確かに多くの「運営者」や「マーケター」は、「競争激化」で儲からないと嘆いています!

 

しかし、それは必然的なことで、ネットの世界では当たり前の事なのです!

 

何故なら「販売業者」が、多くなって来たことと「購入者」のネット活用の方法が大きく変わってきたからです

 

この消費者の「消費心理」は、大きく変化している訳ですが、「運営者」や「マーケター」は、何年も前の手法で未だに展開しているからです!

 

消費者の「消費心理」が変わっていても「運営者」や「マーケター」は、何も変わらず進化していないのが特徴です!

 

例へば、「楽天市場」などでは、以前は「楽天市場」が集客していて、それに乗っかれば稼げていたのですが、現在ではそうではなくなった来ていると言うことです!

 

「出品者」が多くなり混沌として、以前のように「トップページ」には寄り付かなくなっているのが現状です!

 

それは、いくら「楽天市場」でももう、普通のウェブ上と同じになって来たと言えます!

 

現在、「消費者」で、モノを買う人の多くは、何かの媒体で見つけたモノを検索により見つけるようになって来ていると言うことです!

 

従って、「楽天市場」では検索をしなくなって来ているのが現実であり「消費者」は、より利便性の高い検索方法で時間を短縮しているのです!

 

モノを売る「運営者」や「マーケター」は、ここの「消費者心理」に気づかなければならないと言うことです!

 

そのためには、如何に検索に引っかかるかを工夫しなければならなくなって来ていると言うことに付きます!

 

どちらにしても「消費者」の「検索心理」を仮説して実証を繰り返さないとモノを売るのは疲れたと言うことになります!

 

どちらにしても「集客」で、成果を上げるには、「SNS」より、「検索」の方が「成果」が上がる確実が高いのです!

 

今後は、「消費者心理」と「消費者検索」を学ぶ事が大事であると言うことになる!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■「初心者」でも出来る!一人フランチャイズ

http://webjp.xsrv.jp/house/fc1/index.html