読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

最近の「ヤフー」、「グーグル」の「検索エンジン」の流れをつかむ最適法!

以前は、ヤフーの検索エンジンは、グーグルの検索機能を使っていて双方あまり変わりがなかたのだが、最近は、大きく変化して来ている!

 

 

弊社の検索がグーグルでは、平均して2位だったものが、ヤフーでは、13位となり同じページのタイトル内に含まれているほかの「キーワード」になればグーグルで1ページでもヤフーでは、4ぺージでも見当たらない。

 

これは、ヤフーの検索エンジンが独自性を持ち始めているのではないかと憶測している。

 

多くの検索データは、そのまま使い、「ランキング表示」する「サブキーワード」等は、ヤフー独自の「アルゴリズム」を設計しているものと思われる!

 

と言うことは、「タイトル」と「内部対策」及び「バックリンク」の「アルゴリズム」が多少ヤフー独自のものに変わって来ているのかも知れない!

 

この憶測が当たっているならば、ヤフー、グーグルの対策を双方で行う必要があろう!

 

それと双方の検索エンジンには、以前と違い「ブログ系」の「ページが上位」を多く占めて来ている!

 

それは、「テキスト文字」による「5,000文字」以上のページが多く見られる!

 

まさしく流れは「テキスト文字」の「コンテンツ」時代に突入したとも言える!

 

ソーシャルメディア系」のものも多くは、「上位にアップ」されているが、「ブログ系」のものが平均して多くアップされていると感じられる!

 

こうなれば、検索エンジン上位を狙うには「ブログ系」と「ソーシャルメディア系」のツールを使うのが最適でもあるかも知れない!

 

強いて言えば「ブログ系」のページを「キーワード」別に何ページか作れば最適ではないかと思われる!

 

それは、「タイトルキーワード」ごと「検索エンジン」に見つけられやすいからでもある!

 

そうすれば、「ヤフー」、「グーグル」の「検索エンジン」に双方の対策をしなくても表示される確率は高いと言えるのである!

 

「ブログ系」や「ソーシャルメディア系」以外は別途対策を行うのが最適であるだろう!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■「初心者」でも出来る!一人フランチャイズ

http://webjp.xsrv.jp/house/fc1/index.html