読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

君のアイデアで、インターネットの世界を制覇しろ!

昨日にもフェイスブックで紹介したが、3ヶ月で180万DLを突破したアプリがある!

 

 

女性が夜道を安心して歩くことができるアプリ「BackMeApp」!

 

これは、夜道を歩く女性に取っては救世主のアプリかもしれませんね!

 

仕組みは、至ってシンプル。まずはアプリをダウンロードし、自宅までの道順を示します。

 

続いて、家に帰るまで“見届けてほしい”友人を選択し、承認を申請します。

 

友人が許可してくれたら、後はいつも通り歩くだけ。

 

突如ルートが変更したり、2分以上同じ場所から動かない時は、友人のスマホにアラートが表示され、直ちに友人に電話を掛けるようメッセージが表示されます。

 

無事、家に到着すると、到着したとのメッセージが表示され、友人は帰宅を見守る任務を終了し、接続を解除して終了となる。

 

多分これも「ビジネスモデル特許」が出願されているだろう!

 

こんな簡単なアイデアならあなたにも日常のなかで浮かんでいるかも知れない?

 

至って簡単なアイデアでも「新規性」と「利便性」が高ければ「イノベーション」を起こしネットの世界を制覇出来るのである!

 

だが、アイデアを考案出来たとしても、そのアイデアを生かす術を学ばなければ真似されてしまい資金がなければ成功さす事も不可能である!

 

だが、心配する事はない「ビジネスモデル特許」を取得して、防御する事が可能なのである!

 

私の知り合いで随分豪華な生活をしている者が多くいるのだが、その人たちは、「ビジネスモデル特許」を取得販売して大きな利益を上げているのである。

 

その中の一人に貧乏尽くめの生活を送る若者がいたのだが、私と出会った当時から数々のアイデアを持ち頭のいい青年だった!

 

ある時、ふとした話の中で、君のアイデアは素晴らしいから、「ビジネスモデル特許」を取得して見てはどうだろうかと言う話になった。

 

彼は、その気になった!

 

そこで、私が学んだ著書を貸すことにしたのだが、それが「特許明細の書き方」、「特許・商標意義申立ての手引き」、「特許出願の拒絶理由への対応」の3冊であった!

 

彼は、猛勉強して、一つの「ビジネスモデル特許」を出願した!

 

それから2年後、「ビジネスモデル特許」が、おりてきた!

 

そこで、彼は、そのアイデアを実現したかったのだが、展開するほど手持ちの資金がなかったのである。

 

そして、それを手っ取り早くある企業に販売したのであった!

 

そのアイデアは、大きく発展して、今では、誰もが知るベンチャー企業になっている!

 

言うまでもなく彼の懐には大金が転がり込んできたのである!

 

このようにアイデアを特許にする事をしないと真似され上手く行かないのである!

 

だが、アイデアが、あっても「特許取得」を「弁理士」に頼んでいたのでは、「何十万か何百万円」もかかるだろう!

 

それでは、彼のように貧乏尽くめからは到底抜け出せないだろう!

 

君のアイデアで、インターネットの世界を制覇したいならまづ「ビジネスモデル特許」を学ぶことだ!

 

先に紹介した著書が3冊あれば、学ぶ心構えさえあれば、多くのアイデアを金に変えることができる!

 

時代は今や知恵の時代へと向かっているのだが、学ぶか学ばないかで、君の人生は大きく変わる!

 

女性が夜道を安心して歩くことができるアプリ「BackMeApp」の動画をインターネットビジネス大学にアップして起きましたので参考にして下さい!

 

■インターネットビジネス大学!

URL:http://webjp.xsrv.jp/university/

■日本GHM学会(グロースハッカーマーケッテング学会)

URL:http://13.pro.tok2.com/~webjp/ghm/index.html