読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

キーワード検索と「?とは」などの質問に答える二つの検索用語を持ち始めた「グーグルSEO対策」を急げ!

 
 

 

グーグルは、3月19日に検索機能をアップグレードしました。追加されたのは「質問を理解して、答えをみつける」機能。

 

例えば『Googleの由来』と検索すると、その回答をウェブから引用し検索結果の上部に表示すると言うものです。

 

ユーザーの検索心理からキーワード単体の組み合わせでなく「?とは」「の由来」など質問に答える検索用語です!

 

これは、従来のキーワード検索用語のようなものではなくあやふやな質問形式で情報が提供されて行くと言う流れである!

 

ユーザーが、どちらの検索用語を使うかは、少し時間を待たないと結果は分からないが、考えられるのは、双方を上手く使いこなすだろうと言うのが間違いないだろう!

 

こうなれば、従来のキーワード検索がメインだったものが多様化される事になり、より「SEO対策」に力を入れなければならなくなる。

 

パソコンとスマートフォンの検索結果も別々となり、こちらも「SEO対策」に力を入れなければならなくなるので、「SEO対策」は、多様化されて来る!

 

マーケッターは、当面は、混沌とした対策に追われるようになり多忙を極める事になるのだが、四要素をクリアするには相当な時間と能力が必要となる!

 

今後は、更に端末により検索結果は、多様化して行くものと考えられるが、それも視野に入れておかなければならないだろう!

 

まずは、キーワード検索と「?とは」などの質問に答える二つの検索用語に対する「SEO対策」を急がねばならないだろう!

 

総合化の検索上位を狙うのが理想だがそれは、相当な「SEO対策」のプロでない限り不可能と言える。

 

みなさんは、下記要素のどちらかを最適化した方が上手く行くのではないだろうか?

 

(1)キーワード検索と「?とは」の複合化した「SEO対策」!

 

(2)従来のキーワード検索の「SEO対策」!

 

(3)「?とは」の質問形式の検索の「SEO対策」!

 

(4)モバイルフレンドリーの検索「SEO対策」!

 

どちらにしても多くを学ばなければ、「検索エンジン」での「ビジネス成果」は上がらなくなって来たと言えよう!

 

■女性専用エステティックサロン「リアス」!
http://www.rias33.com/phone/

■ネット副業を成功へ導くワンコインツール
http://smahoservic.thebase.in/