読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

グーグルモバイルフレンドリー対策は、何も恐れる事はない!

Google」がモバイルフレンドリーと「APP Indexing」をランキングアルゴリズムの要素に追加することを発表したが、モバイル機器利用の爆発的な増加に伴うアルゴリズムの単なる流れである。

 

 

Google」はモバイル対応の要素を、モバイルでの検索ランキングに、2015年4月21日から導入すると言う。

 

また、「APP Indexing」に対応しているアプリのコンテンツを、そのアプリにサインインしているユーザーに対し、露出を高めることを発表した。

 

このようなモバイルフレンドリーの概要であるが、「APP Indexing」に関しては、アンドロイドには導入されているようだ。

 

Google」は今回のアルゴリズムの変更が、モバイルでの検索結果に、「大規模な影響」を与えるとしている。それも米国だけでなく、全ての言語への影響となるようだ!

 

しかし、なぜ、すぐの導入ではないのか?

 

つまり、あなたには自身のサイトをモバイルフレンドリーに変更する期間が数ヶ月与えられているということだ。

 

Google」にインデックスされているモバイルアプリが検索結果でより上位に表示されるような要素は主にコンテンツの内容にもよるが、ページ表示の早さやスクロールの最適化が主となるのではないだろうか!

 

では、それに合わせページを画像(PNGGIF)やテキストを含め軽量化するのが最適だろう!

 

又、クローラーにモバイルフレンドリーのサイトであるとラベル付けさせ、アルゴリズムからの恩恵も受けるということが必要だろう!

 

結論から言えば、モバイルからの回覧率が多くなっているから全てをモバイル向けにすれば良いとも言える!

 

どちらにしても集客が基本だから少し対応を行えば、モバイルフレンドリー対策は、何も恐れる事はないのである!

 

全てのページをモバイルフレンドリーにすることは勇気がいるが、非常に思い切った対策と意識が重要だと思う。

 

又、デバイスも今後、ウオッチ等や数々の小型化されたものが普及して来る可能性もありアプリを軽量化するノウハウも必要と言えよう!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■ネット副業を成功へ導くワンコインツール

http://smahoservic.thebase.in/