読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

イノベーション集客時代がやって来た!

 

 

リアルの店舗なら主に新聞広告、雑誌広告、テレビ広告での集客が多くを占めていた、ネットサイトならSEO対策、APP広告、SNS拡散と言うのが大きな流れだったと言えよう!

 

だが、現在は、双方が入り混じった混沌とした集客方法になって来ている!

 

そんな時代が訪れたと言うことは、集客に使う媒体が多様化していると言う事であるが、集客には多くの費用がかかる時代となったと言えよう!

 

単体の媒体では、もう集客が出来なくなって来ており多くの集客投資必要な時代とも言えよう!

 

その投資が出来なくなった企業は自ら衰退の道を進む事になるのであるが、救われる道はただ一つイノベーション集客しかないのである!

 

イノベーションとは?

 

イノベーション(英: innovation)とは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。

 

つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。

 

資金的に集客媒体に多くの投資が出来ない場合は、イノベーション集客を考えるべきでありそれを怠ると衰退の道しかないと言えるだろう!

 

新聞広告、雑誌広告、テレビ広告は、新しいイノベーションが生まれているとは考え辛いのが正直なところだろう!

 

SEO対策、APP広告、SNS拡散と言う分野でも新しいイノベーションが生まれていないのが実情である。

 

ビジネスを行う者に取っては、リアルもネットも集客が命であって、それを疎かには出来ないのであるが、集客媒体が多様化するなかで、集客に関する費用対効果もままならず成果を見出す結果にはなっていないのが実情でもある。

 

又、端末機器の多様化により一段とその手段は混沌として来ているのが、現在の集客の現状でもある。

 

従って、集客のイノベーションを起こした者が、未来の覇権者になるということであるし、イノベーション集客の時代がやって来たということになる!

 

結論的には、成功する方程式は、

 

(1)誰が顧客なのか?顧客が何を求めているのか?

 

(2)顧客をどう集客するのか?情報をどう拡散するのか?

 

(3)どんなチャンネルやどんなメディアを使うのか?

 

みなさんも本格的にイノベーション集客に目を向けて見てはどうでしょうか!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university