読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「ウェブマーケティング」と「ウェブコンテンツ」と「コンテキスト」を学ぶ時代だ!

少し初心者には難しいかも知れませんが、今や、「ウェブマーケティング」において「ウェブコンテンツ」を作れるかどうかが重要な「スキル」になって来ました。

 

 

集客の観点でも、「コンテンツ」は重要であり、大きな集客手段である「検索エンジン」は、検索者にとって「有益なコンテンツ」を「検索結果」の上位に「アップ」しようとするからです。

 

誰の役にも立たないような「コンテンツ」では、なかなか集客できない時代になって来たのです。

 

また、「ソーシャルメディア」の「有益なコンテンツ」の動きも見逃すことはできません!

 

ソーシャルメディア」上で話題になった「サイト」や「商品・サービス」は一気に「認知度」があがり、「サイト」への「アクセス数」も増えます。

 

それには「ソーシャルメディア」上で、話題になるような「ユーザー」取って「有益なコンテンツ」が必要です!

 

何故なら「ユーザー」は様々な「コンテンツ」を吸収して、あなたの商品の質を判断したり競合との比較をしているからです。

 

今や買い手は様々な「コンテンツ」を通じて、売り手の事を知り、競合他社との比較を行い、そして「購買」や「サービス」の申し込みなどに至ります。

 

従って、コンテンツを洗練させることは、すなわち、お客さんとの「コミュニケーション」を最適化するということです。

 

何も考えずに作られた「コンテンツ」は、意味が無いどころか「コミュニケーション」の邪魔をします。

 

そこで必要とされるのは、「コンテキスト」と言う事になります!

 

・コンテキストとは?

 

直訳すると「文脈」「前後関係」「背景」といった意味だが、「コンピュータ」の世界では、「コンテキストメニュー」や「コンテキストスイッチ」といった形で使われている。

 

「コンテキスト」は、人にとっての「コンテンツ」の価値を判断する上で重要な因子となります!

 

一般人が「ウェブページ」やウェブサイト、または本や新聞で、何らかの「コンテンツ」を見たとき、どんなことに価値を感じるでしょうか!

 

面白いと思ったとき?新しい情報を知ったとき?レアな話を聞けたとき?

 

面白さや新しさ、便利さ、希少さ、クオリティの高さ、これらの全てを「コンテンツ」の質という言葉でまとめてしまいます。

 

「コンテキスト」を意識せずに書かれた「ドキュメント」はただのログや日記になってしまいます。

 

というわけで、「コンテンツ」を作るとき、「コンテキスト」を意識しながら作り込みをすることが大事です!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■サイト構築への近道!「ウェブサービス」!

http://webservice.thebase.in/

 

■アマゾン電子書籍!DEMAND BB!

http://urx.nu/dACp