読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

グーグル検索エンジン「パンダアップデート」で、ダウンしたあなたのページの対策は?

最近更新されたグーグル検索エンジンの「アルゴリズム」変更の「パンダアップデート」で、ダウンしたサイトに共通でみられる特徴は?

 

私共の「インターネットビジネス大学」にも「パンダアップデート」でやられちゃった!

 

 

どう対応すれば良いかと相談が多くなって来ています!

 

最近、更新されたパンダ 4.1のアップデートにやられたサイトには、次の特徴が共通でみられるという。

 

■こんなサイトはパンダにひっかかる?

 

(1)ページ全体にかぶさるようにしてフルスクリーンで表示される広告!

 

 

(2)自動で再生する動画や、音が出る広告!

 

 

(3)インタースティシャル広告!(閲覧したいページにアクセスする前に強制的に差し込まれる広告ページ)

 

 

(4)コンテンツと見分けがつかない広告!

 

 

(5)ページビュー数を稼ぐための過度なページ分割!

 

これは、パンダアップデートでダメージを受けてしまったサイトをいくつも回復に導いた手腕を持つ、

 

米国の「SEOコンサルタント」の「グレン・ゲイブ」氏が解説したものだがこれが全てとは思われないが参考にするのも良いと思う。

 

多くは、広告に関するものだが、確かに私にも過度な広告に対してイラッとした経験がある!

 

いくら広告収入が大切だったとしても、過度な広告では、訪問したユーザーは、離れて行くだろう!

 

広告収入は訪問ユーザーがいるからこそ成り立つものである、ユーザーから悪いイメージを受ければ訪問者はいずれ減っていくだろう。

 

そうなれば、広告収益もいずれ下がっていくと言うことになる!

 

パンダアップデートの対策は、ユーザーのことを第一に考えた運営を、常に心がけなければならないと言うことに尽きる。

 

それこそがビジネスを成功させる大切な要因であるし、だからこそグーグルの「アルゴリズム」は、絶えずユーザーの目線に立ち変革が行われていると知ることが必要である!

 

今後は、ブログやページの作成は、ユーザーに対して「優しいコンテンツ」作りがあなたのページの運命を変えると言っても間違いないだろう!

 

今回の「パンダアップデート」の特徴は、最も優遇されたのは、ニュース、コンテンツ、ダウンロードポータルの分野のサイトであった!

 

一方、最も嫌われてしまったのは、ゲーム、歌詞、そして、一部の医療関連のコンテンツの分野に属するサイトだったようだ!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■サイト構築への近道!「ウェブサービス」!

http://webservice.thebase.in/

 

■アマゾン電子書籍!DEMAND BB!

http://urx.nu/dACp