読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

グーグル「ペンギンアップデート3.0」と「ブラックハットSEO」のゆくへ!

グーグルがペンギンアップデート3.0の実施を開始したもようですが、いまだに被リンクは、SEO的にも有効なのかと言うことですが?

 

被リンクは以前に比べるとその価値は大幅に下がったとはいえ、今でもSEO的にも有効であります。

 

 

スパム的な被リンクは、沙汰され「ナチュラルリンク」が、大きく評価されて来ています!

 

そこで、サイト運営者が気を付けなければいけないのが「被リンク業者」を一掃しなければならないということです。

 

業者から被リンクを買っていたサイトはことごとくスパムリンク的な扱いを受け検索エンジンから大きくダウンしています。

 

検索エンジンアルゴリズムの裏をかく、いわゆるスパムサイトからの被リンク数を稼ぐことで評価を上げていたというのがブラックハットSEOの手法の一つでしたが、今ではそれが逆となり、

 

業者から被リンクを買っていたサイトでは、それを取り除くには業者にリンクを削除して貰う手しかなく1,000~10,000リンクを買われているサイトは、削除不可能で、ことごとく死に体となっている状況と言えます。

 

そんな状況を踏まえスパムサイトからの被リンクが、自分の知らない間に勝手に行われている場合が多々あります。

 

その対策は、ウェブマスターツールにて「手動によるウェブスパム対策」を確認し、メッセージが来ていないかを定期的に確認してください。

 

もし手動ペナルティの警告メッセージが来ていたら、ウェブマスターツールで披リンクを調査し、怪しいと思われる被リンクを無効にしてもらうようにグーグルに再審査を依頼してください。

 

そうしないとグーグルからブラックハットSEOの手法と勘違いされ検索エンジン上位はまったくと言っていいほど不可能と言うことになります!

 

業者から被リンクを買っていたサイトは、そのページを捨て、新たな関連ページを作成した方が賢明です!

 

という事で、SEO対策は、「ナチュラルリンク」が、貰える「コンテンツ」を作り上げる事が大切です!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■ものからことへ!「ウェブサービス」!

http://webservice.thebase.in/

 

■キーボードワークス!

http://webjp.xsrv.jp/works/i.cgi