読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「初心者」がサイトにアクセスを集めて、成功するには、役に立つサイトを作ればいい!

企業ではなく個人が作るネットサービスが大奮闘して大成功していますが、

 

主に使われているサイト作りは、ワードプレスや「API」データを活用した「マッシュアップサイト」多くなって来ています!

 

 

マッシュアップとは、(IT用語辞典 e-Words

 

ウェブ上に提供されている情報やサービスなどを組み合わせて、新しいソフトウェアやサービス、データベースなどを作ること。

 

構成要素として注目されているのがGoogleやYahoo、Microsoftなどが提供する地図サービス、Amazonが提供する商品情報など、

 

自社の技術をWebサービスとしてAPIを公開するケースが増えてきており、これらの機能に独自のユーザーインターフェイスを組み合わせて、新しいサービスが提供されている。

 

米国を中心に数多くのマッシュアップ事例が登場し、犯罪の統計情報、ハリケーン情報、ガソリンスタンドの価格情報といった実用的なものから、

 

温泉情報、UFOの目撃情報、ニューヨークの映画ロケ現場のような、趣味やエンターテイメントに類するものなど様々。マッシュアップの源泉となるAPIの開発にも拍車がかかっている。

 

このようにサイトにアクセスを集めて、成功するには、役に立つサイトを作ればいいのだが、

 

役に立つサイトというのは、簡単に言うと情報量が多くて過不足なく整理されているサイトのことだ!

 

インターネットで検索する人は、何らかの情報を探している!

 

それは買い物のための情報探しであったり、悩みを解決する情報だったり、遊びのための情報だったりするのだが、

 

そういう「誰か」のために、便利なサイトを作れば一番いいのだが、一から作ると大変である。

 

しかも役に立つサイトって、「初心者」には、そう簡単には作れないものです。

 

だから外部のウェブAPIを使ってマッシュアップサイトを作ってみようと言うことになり活用が多くなって来ているのです。

 

これも時代の変革かも知れません!どちらにしても開発費をかけないで短期間で良いサイトを作ろうと言う時代なのかも知れませんね。

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

■ものからことへ!「ウェブサービス」!

http://webservice.thebase.in/

■キーボードワークス!

http://webjp.xsrv.jp/works/i.cgi