読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

検索エンジンでの「販売ページ」は、ここ1年で大幅にダウンする!その対策は!

昨年暮れの「ハミングバードアルゴリズム」の変更から一般の「販売サイト」は、軒並み「ダウン」しています。

 

正直に言いますと弊社の「販売サイト」1位から2ページ目に「ダウン」している「サイト」が多くあります。

 

現在では、ブログ風(文章情報)のページが、検索エンジンの上位を占めて来ています。

 

 

余り競争のない「キーワード」の「販売ページ」は多少残ってはおりますが、今後は、まだまだ「ダウン」して来るものと思われますので、対策が必要なのですが、

 

その手段は、「トップページ」等を「ブログ風(文章情報)」に変更するか、「SEO対策」された「サテライト」情報ページ作り、「販売サイト」に誘導する方式で展開された方が最適かと思われます!

 

だが、この「サテライト」ページもグーグルでは、スパムページと看做されておりますので気をつけなければなりません!(ガイドラインに違反する「誘導ページ」)

 

「誘導ページ」に相当する「サテライトページ」とはどんなページなのか?

 

反対に、「誘導ページ」に相当しない「サテライトページ」とはどんなページなのか?

 

という事になるのですが、「検索エンジン」からの「誘導にフォーカス」するのではなく、あくまで「ユーザー」にとって「価値があるページ」を提供することが求められる事になります!

 

それがすなわち「誘導ページにあたらないサテライトページ」と言えるかと思います。

 

どのようなサイトなら問題ないか、というよりも常に良質な「コンテンツ」を持つ「サイト」を作るよう心がけなければならないという事になります。

 

ぶっちゃけて言うと、「検索エンジン」がなかったとしたら「サテライトページ」なんて作らないですよね?

 

従って、「グーグル」から見れば、良いも悪いも全てが「スパムページ」という事になる訳です!

 

だけど、「販売ページ」の運営者は、やはり「サテライトページ」は、必要なので「ユーザー」にとって「価値があるページ」を作り、誘導しなければならないという事になります。

 

「ユーザー」にとって「価値があるサテライトページ」なら大丈夫だと認識する必要があります!

 

そんな誘導ページを目指しましょう!

 

■ものからことへ!「ウェブサービス」!http://webservice.thebase.in

 ■インターネットビジネス大学!http://webjp.xsrv.jp/university/