読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「マーケッター」なら、この現状を知ろう!「パソコン」から「スマホ・タブレット」の時代へ!

稼ぐ事に敏感な「マーケッター」ならすでにご存知かと思いますが、「2012年」の段階で、もう「パソコン」の「デバイス」の数を、「スマホ」が完全に超えています。

 

現状でいうと「スマホ」と「タブレット」を合わせた数が「パソコン」の「2倍」ぐらいに「拡大」してきている現状です。

 

「パソコン時代」から完全に「スマホタブレット」の時代に変わって来ていると言う事になります。

 

 

10代から20代前半の人達で、「ブラウザ? パソコンってなんだ?」「もう「アプリ」と「スマホ」しか知らない」という人達も相当増えて来ているようです。

 

「パソコン」は、台数自体は微増しているのですが、「出荷台数」に関しては「マイナス」の成長率。

 

「チップ」や「デバイス」の「メーカー」も、「生産工場」を「パソコン」から「スマホ」や「ウェアラブルデバイス」に切り替えている状況が見られます。

 

と言うことは、「マーケッター」ならその流れを的確に見定め対応をして行かなければならないと言うことです。

 

そこで、注意しなければならない事は、013年の段階で、「スマホユーザー」の8割が「アプリ」を使っていて、

 

スマホ」で「ブラウザ」を起動する「ユーザー」は20%を切り始めていると言うことです!

 

この状況から見ると如何に「アプリ」対策が必要かと言うことが見えてきます!

 

「ブラウザ」は「検索する場合」に使うか「アプリ経由」で開く場合にだけ使われるようになっている現状です。

 

つまり、「ブラウザ」は、もう「スマホユーザー」にとって「入口」じゃなくなってきていると言うことです。

 

こうなれば、「マーケッター」にとっては、如何に「アプリ」を「スマホ画面」に「ダウンロード」させるかと言う「施策」が必要となって来ます!

 

この流れは「ソーシャル」でも同じ状況で「パソコン」ベースだった「Facebook」や「Twitter」が「モバイル」に対応し、

 

今では「LINE」や「WhatsApp」のような、「アプリ」に特化した「サービス」が、急成長しました。

 

今後の展開は、「アプリ」競争が激化して来るものと思われますので、その対応に励みましょう!

 

■インターネットビジネス大学!http://webjp.xsrv.jp/university/