読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

“老後破産”の厳しい現実!そうならないために「ネットビジネス」を学ぼう!

こんな切実な記事を見つけたが、やはりこれは見逃せないのではないだろうか?

 

高齢者人口が3000万を突破し、超高齢社会となった日本!

 

とりわけ深刻なのが、600万人を超えようとする、独り暮らしの高齢者の問題だ!

 

 

その半数、およそ300万人が生活保護水準以下の年金収入しかない。

 

生活保護を受けているのは70万人ほど、残り200万人余りは生活保護を受けずに暮らしている。年金が引き下げられ、医療や介護の負担が重くなる中、貯蓄もなくギリギリの暮らしを続けてきた高齢者が“破産”寸前の状況に追い込まれている。

 

在宅医療や介護の現場では「年金が足りず医療や介護サービスを安心して受けられない」という訴えが相次いでいる。

 

自治体のスタッフは、必要な治療や介護サービスを中断しないように、生活保護の申請手続きに追われている。

 

“老後破産”の厳しい現実を誰が、どういった枠組みで高齢者を支えていくべきなのか!

そんな思いに「高齢者」に対して、資金もいらない在庫もいらない「ネットビジネス」を提案したい!

 

それは、今までの経験をいかし、その「経験(スキル)」を売る「ネットビジネス」であるが、コツを覚えれば上手く行く!

 

「高齢者」になれば、「経験(スキル)」の5個や10個があるのであるがそれが自身では気が付かないものなのだ。

 

「経験(スキル)」以外でも自作の商品等があるのであるが、ネットで売る方法や「ノウハウ」がないから難しいと思い躊躇するのだろうが、学べばこんなに簡単なものはないのである。

 

月額何百万円等を稼げる人はそういないだろうが、何万円や何十万円なら経験を積めば稼げるのではあるが、パソコン等の活用に目覚めないからだろう!

 

「高齢者」でも、学べば十分稼ぐ事が出来る!

 

“老後破産”の厳しい現実を誰が、どういった枠組みで高齢者を支えていくべきなのか国のあり方が問われる現状でもある。

 

やはり、「高齢者」に稼がせる指導が国や地方自治体を上げて必要となって来たのかも知れない!

 

■インターネットビジネス大学! http://webjp.xsrv.jp/university/