読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

アプリ経由のトラフィック(集客)が、グーグルを圧勝する時代に?

あの「ホリエモン」が、言っているのだが、「Google Analytics」とかで、「ホリエモンドットコム」の「トラフィック」の「流入経路」とか見るとだいたい「Twitter」経由が一番多いんですよね。

 

Twitter」、ダイレクト、次は、「Google」、「Yahoo」、「Facebook」。

 

うちのサイトはすごく特殊だとは思うんですけど、実は、「Google」検索の「プレゼンス」って落ちてるんじゃないかっていう。

 

 

確かに「ホリエモン」は、洞察力凄いですねぇ~

 

スマホ時代」になると一番先に見るのが「アプリ」次が「検索エンジン」でしょうか?

 

それは間違いなく「アプリ」が、私の経験から利用頻度が多いのですが、「一般ユーザー」の方もやはり「アプリ」を使う頻度が多いのではないでしょうか。

 

この「ホリエモン」の洞察結果からやはり「Twitter」を上手く活用すべきとの未来が見えて来ますね。

 

では、どうゆう施策が必要なのでしょうか?

 

注目する「つぶやき」で、「トラフィック(集客)」を上げると言うのが一番なのですが、「ホリエモン」見たいに人気者であれば可能なのですが、一般の者はそう上手くは行きません!

 

注目される「つぶやき」の「頻度」」を高め「拡散」するしかないと思うのですが、暇があれば「Twitter」でつぶやいた方が良いでしょう!

 

Google」、「Yahoo」、「Facebook」の「トラフィック(集客)対策」も考え行う事で総合的に行う対策も必要です!

 

Twitter」、「Google」、「Yahoo」、「Facebook」の4つの対策が最適化されれば、他からの「トラフィック(集客)対策」は必要としないのではないでしょうか!

 

従いまして、「マーケッター」は、「Twitter」、「Google」、「Yahoo」、「Facebook」の「トラフィック(集客)対策」に時間を集中して見ては如何でしょうか!

 

必ず成果が表れると確信しています!それには「Twitter」、「Google」、「Yahoo」、「Facebook」の「トラフィック(集客)対策」を学ぶことです!

 

それが、あなたの「ブログ」での「アフィリエイト」や「ECサイト」の成果を上げることにつながります!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/