読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「SEO対策」で、うまくいっている「成功事例」は数多くあるが?

日本の「グーグル」の「サーチクオリティチーム」は、品質ガイドラインに違反する「リンクプログラム」に大規模な対策を最近実施したそうだ。

 

その際に見られたリンクプログラムの例をいくつか、公式ブログで公開していいるので紹介しょう。

 

 

自動生成された文章に、「特定のサイト」へのリンクを、過度に「最適化」された「アンカーテキスト」を用いて挿入しているケースなど。

 

本来対象としているサイト以外への「発リンク」も設置することで自然なリンクに見せかけているケースなど。

 

グーグルが把握している手法は、この2種類だけではなく次のようなものもある。

 

SEO対策委託先の「SEO請負会社」がリンク操作の「ネットワーク」を保有して「依頼主」に提供している例だけでなく、

 

企業自身が主体となってリンク操作のためのネットワークを運用している例が見受けられると言う。

 

そのような例に対して「グーグル」は、ウェブマスター向け「ガイドライン」違反として「適宜自動」または「手動」による対策を実施しているのだ。

 

SEO請負会社」から購入した「有料リンク」だけでなく、自社製の「人工リンク」もお見通しということになる。

 

このように現在では、主に「SEO請負会社」が行うリンク操作と自社製の「人工リンク」が「ペナルティエリア」として「ガイドライン」違反とし対策を実施しているのだ。

 

あなたのサイトが「SEO請負会社」から購入した「有料リンク」や自社製の「人工リンク」を行っているのであれば、遅かれ早かれ「ペナルティ」として「検索エンジン」から消え去る運命をたどるだろう!

 

SEO対策」でうまくいっている「成功事例」は数多くあるが、それを「テクニック」だけ真似てもうまくいかないという事になる。

 

基本は、「コンテンツ」の読みやすさと「ソーシャルシェア」の最適化を目指すこと未来への「SEO対策」になるだろう!

 

読んだ人が内容をつかみやすく、「シェア」しやすくする。この基本に「フォーカス」しないと未来はありえない!

 

たくさんの人が「コンテンツ」と「ブランド」を見たときに「シェア」の気持ちが起こらなければ検索エンジン上位には今後なれないと言う警告でもある!

 

情報の流れが、想像以上に秒速くなって来て、その情報の速さに合わせることのできない人や企業は、「ネットビジネス」では生き残れないのです。

 

又、社会の動きが、より速く変化しています。「コンテンツ」も、「SEO対策」それについていけるスピードが必要な時代になった来たと言うことです!

 

■インターネットビジネス大学!

http://webjp.xsrv.jp/university/

 

■「ダディー」のちょくら気になる@こちらのページ!

http://xn--ncke2h5c6a5349avph.jp/