読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「最後まで読まれないことを想定」した、スマホ時代対応のサイト運営を考えよう!

最近では、「ホームページ」へのアクセスの半分以上が「スマートフォン」からの「アクセスだ」という話を良く聞くようになりましたし、その「データ」も発表されています。

 

どこでもいつでも接続可能な「スマートフォン」なら「アクセス頻度」が高くなるのは当然で「スマートフォンビジネス」の到来がすでに始まっております。

 

そうなれば、「パソコン時代」の「ビジネス」とは打って変わり「スマートフォン時代」に適応した「サイト構築」が必要となって来ます。

 

 

その「ポイント」は、「スマートフォン」から「アクセス」が増えることによって、「ホームページ」や「ブログ」などの情報の見られ方が大きく変わって来ていると言うことです!

 

では、ここで「スマートフォン」から「アクセス」される特徴とその「ユーザー心理」を紹介しましょう!

 

その特徴は、パソコンとは違い「いつでもアクセス」出来る事が「スマートフォン」の利点であり特徴でもあります。

 

そして見られる時間帯や環境は、通勤中やバスを待っている間、移動時間中や寝る前にベッドの中などいろんな状況が映し出されますが、

 

見るシチュエーションから考えると「スマートフォン」から「アクセス」の問題点は長い時間見られない(情報を最後まで読んでくれない)ということになるのかもしれません。

 

スマートフォン時代」は見つけられても「途中で読まれない」という事が想定されるということです。

 

 

文章が長くなれば、最後まで読むのに「スクロール」する時間も長くなりますし、画面の小ささが読みづらくなることも考えれば、

 

スマートフォン時代」の「ブランディング」は結論から先に書く事がユーザーから支持されやすいでしょう。

 

先に結論を書いて「興味を持ってもらう!」後からでも読んでみたいと思ってもらえる「施策」が必要と言えます。

 

そして、どのようにすれば「最後まで読まれるか?」を考えた「サイト構築」が重要となって来ます!

 

要するに読んでもらえる(短い文章)や見てもらえる(短い動画)が「スマートフォン時代」の運命を変えると言っても寡言ではないのでしょうか!

 

■インターネットビジネス大学!http://webjp.xsrv.jp/university/