読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

実現可能か? バイマビジネスチャレンジ12日目の結果報告!「当分打つ手なし!」

バイマビジネス12日目の結果報告!

 

12日目は、ほしいもの登録0回 (前日)、アクセス数12回 (前日)、売り上げゼロ (前日)で、12日目も散々なものです!

 

http://www.buyma.com/buyer/391115.html

 

 

現在のところ出品することのみで「当分打つ手なし!」と言う状況でしょうか?

 

アクセス数12回 は、バイマの場合は、12人が訪れたと言う事のようですが、それにしても少ないですねぇ~

 

「アマゾン」や「楽天」、「ヤフーショッピング」に比べると何十分の一程度です。

 

こんな状況のなかで、「訪問者数」を増やすと言うことは大変なことですが、やり始めた以上は、やはり努力して、「アクセス数」を上げるのが「最大」の仕事になります!

 

「アマゾン」や「楽天」、「ヤフーショッピング」でも、「アクセス数」が多くても「成約」につながると言うことはありません。

 

「競争相手」も多いし「価格競争」も半端じゃなくなかなかと言うのが本当のところです!

 

「マネジメント」が、強くなければ売れても稼げないと言うのが現状です!

 

何を販売するにもみんな競争があり、一人勝ちは出来ないのが世の常です。

 

従いまして、いかに独自の「稼ぐシステム」を作り上げていく「マネジメント」が必要かという事に付きます。

 

 

今回、この「バイマビジネスチャレンジ」も「有名ブランド」の「最安値」展開や「低額品」の商品を導入しようと「購入先」を模索中です!

 

このように「商品数」が増えても「訪問者数」が、上がらないと言うことは「マネジメント」が上手く生かされていないかも知れません。

 

このように一つのサイトを成功させるには、「嗜好錯誤」を繰り返しながら「仮説」を立て実行してその成果を「ノウハウ」にしなければ「商品数」をいかに上げても成果は上がりません。

 

何故なら、それは「カタログ」と同じで「施策」のないサイトだからです!

 

やはり、サイトにも心と温かみがいるのです。それが「独自サービス」と言うものなのです!

 

一歩、一歩、「施策」をもちいて、永遠に繁盛するサイトに仕上げるにはこの苦しい課題を克服しなければ成功もありえないという事になります!

 

インターネットビジネス大学!http://webjp.xsrv.jp/university/