読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

検索エンジン上位は、ランキングの「1位から5位」が圧倒的有利であると言うお話!

サイトを運営する「マーケッター」なら誰もが何を差し置いても「1ページ目」の「上位ランク」を狙うだろうが、1位と2位、もしくは、1位と6位の間に、ビジネスとして大きな違いはあるのだろうか?

 

と言うのが今回のテーマで疑問点である!

 

 

米国の「NNG」が実施した調査によると、ウェブのユーザーは、F字型のパターンでスクリーンを見ており、

 

80%の時間において「上半分」の情報に目を通しているようだ(スクロールすることなく見ることが可能なのはランキングの1位から5位)。

 

と言うことは、それが人間の目の位置とも言える最適な現象ではないのだろうか?

 

このランクの目の位置に必要とする情報があればクリックするのである!

 

そして、その情報が求めている情報であれば、そのページのみで事が足りるのである。

 

そうなれば、他のページは見向きもしないのが本当のところである!

 

「NNG」のデータを参考にすると、検索エンジンのユーザーは、最初により頻繁に1位から5位に掲載されるランキングを見ていることになるのである 。

 

この結果からすると1位から5位に掲載されたリスティングをクリックすると推測することが出来るのである。

 

そして、2013年に「CATALYST」が行った「GOOGLE」の「CTR」に関する調査では、平均で1ページ目のクリックの83%は1位から5位に集中することが判明している。

 

と言うことは、マーケッターには、1位から5位を狙う事が使命であり、ユーザーが興味を抱くタイトルとそれに関連した最適な情報が必要でありその事により大きくビジネスの命運を分けるのである!

 

このタイトルは45文字が基準であり「65文字」を超えると「タイトル」の「スニペット」を「GOOGLE」は省略する。

 

この結果から「マーケッター」なら「1ページ」のみではなく「1位から5位」を狙うことが必要でありそれがビジネスの明暗を分けるのである!

 

1位と2位、もしくは、1位と6位の間に、ビジネスとして大きな違いがあるのは、言わずとも明確だろう!

 

それが、今回の「テーマ」であったが、今後、機会があればその「対策」や「施策」を知り得る限り紹介したいと思っている!

 

インターネットビジネス大学! http://webjp.xsrv.jp/university/