読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

「未来と現実」!グーグル検索エンジンが、今まのまま進めば「SEO対策」は、全て「ロボット」で行える!

インターネット「SEO対策」の今は、全て「文章力」の比重が運命を決めると言っても加減でない!

検索エンジンで上位表示される要素として、「文章力」によるページと「被リンク」の質と量の良い「文章力」が重視されるという「アルゴリズム」が支配する時代であるからである。

そうなれば、今後、益々「文章力」を磨かなければならない時代になって来たと言わざるを得ないのだが、

そして、それを評価するのが人間ではなくクローラー(ロボット)であるとするならば、

人間の情やなさけが気薄になって来た現在では、クローラー(ロボット)の方が最も適しているのかも知れない。

だから「SEO対策」にも「ロボット」が登場して、文章を書けば良いだけのことである!

すでにその構想は始まっているだろう!

グーグルが最後の手段として、選んだ「アルゴリズム」は、「文章力」の「コンテンツ」だが、今の時代それが万能とは言えないのである。

文章も「ロボット」に書かせ、「検索アルゴリズム」も「ロボット」が評価するのである!

未来は、「ロボット」対「ロボット」の競争が始まる!「SEO対策」にもその時代が訪れるのである。

そうなれば、検索と言うグーグルの栄華もなくなりはしないが徐々に薄れて行く事になる!

だからもう手間と仮説が必要な「SEO対策」などは、必要でないのかもしれない!

SEO対策」より質の高い「文章コンテンツ」を書く「ロボット開発」に邁進した方が得策かも知れない!

そんな時代に「SEO対策」の未来を書いて見た!2年も待たないで「SEO対策ロボット」が、現れてくるだろう!

その仮説はこうだ!

グーグルのアルゴリズムの仮説を立て検証する。それをデータ化して、それに合った文章を書かす!

そして、アルゴリズムが変化したなと思えば、又、仮説を立て検証する。以後は、前項と同じである。

その他いろいろな施策は必要だが主にこれが開発出来れば、「ロボット」ならではの秒速で「SEO対策」に成果を生むのである!

そうなれば、グーグルは、新たな施作を考えるだろうが「ロボット」対「ロボット」の施作になれば、その勝負は泥沼だろう!

現在は、優秀な「SEO対策ロボット」の開発が遅れているだけの事である!

それが金の木になる否かの判断して、新しい儲かるアルゴリズムを開発出来れば成功への道が開けるだろう!

それは、必要としている者に必要とする物を与えれば良いだけの事でもある!

今後、「SEO対策関連」で、金の成る木は、新しい分野の「文章力ロボット」の開発だと申し上げておこう!

インターネットビジネス大学! http://webjp.xsrv.jp/university/