読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダディーの鵜の目鷹の目ニュース!

ダディーの鵜の目鷹の目ニュースは、「ネットビジネス」の事や「スクリプト」や「アプリ」や「クローンソフト」の事「集客」や「SEO」の事等を鵜の目鷹の目で書いていきます!

街の商店街がこのうえもなく寂れて行く状況はネットサイトの流れと良く似ている!

これは、中小企業庁が実施した2012年11月時点の「商店街実態調査」(8000商店街対象、回答率38.6%)によると、商店街の「空き店舗率」は全国平均で14・6%に達していました。

3年前の前回調査より3.8ポイント増にもなります。3年前より「空き店舗が増えた」商店街は35.5%。地域差も激しく、四国では「空き店舗が増えた」商店街は5割を超えています。

空き店舗が減らない理由を問うと、「商店街に活気がない」が最多の回答でした。

「客が郊外に取られる」から「活気がない」、だから空き店舗が増え、さらに活気を失い─。そういった負の循環を見せ付ける数字です。

郊外の大型ショッピングモールなどとの競争に敗れ、商店街から櫛の歯が欠けるように店が消えてゆく例は枚挙に暇がありません。

そこには、小規模・零細の商店経営に付きものの、後継者不足も折り重なっています。

このようにネットECサイトの流れもアマゾンや楽天、ヤフー等がその「知名度」や「資金力」で圧勝し始めています。

リアル店舗では、人が集まるところに店を出すと言うのが、本来の店舗開発の一番の成功例でしたが、では、郊外のショッピングモールではどうでしょうか?

確かに集客を望める場所ですが、全てのお店が成功するとは限りません。

それは、出店費用や投資が莫大に掛かり地方のお店では、到底成功することは不可能な時代ですし競争も激しいのです。

このように人が集まる地方のショッピングモールに出店しても、お金をやりくりして凌いでいるお店が多いと聞きます。

これが、ネット世界(ECサイト)でも、現在、起こりつつあります。アマゾンや楽天、ヤフー等がショッピングモールと言えますが、ここも出品しただけでは競争も激しく成功する例は少ないと思います。

では、どうすれば良いのかと言う問題ですが、それは自己サイトを育だてるか無料のヤフーショッピング等に出店して競争に打ち勝つしか道はありません。

このように従来のビジネスモデルが衰退して、ネット世界の「ショッピングモール」が台頭していますが、同じお店を作るならネット世界の「ショッピングモール」が、まだ得策だとも言えます!

世の中のビジネスは、絶えず競争の波にさらされます。こんな時代に大投資しても、その投資が帰ってくるとは言い切れません。

そこで、やる気のある方は、ネットの世界でゼロからの新しい発想のビジネスを展開して見てはいかがでしょうか?

ネットの世界は、まだまだ成熟していないので成功する道は多くあるのではないでしょうか?

インターネットビジネス大学! http://webjp.xsrv.jp/university/